お料理王国3(2014年8月から2015年2月)

新宿でどじょう食べる

b0344119_21591895.jpg
b0344119_21592401.jpg
b0344119_21592818.jpg
b0344119_21593962.jpg
b0344119_21594289.jpg
b0344119_21594634.jpg
b0344119_21594935.jpg
b0344119_21595221.jpg
b0344119_21595567.jpg
b0344119_21595833.jpg
b0344119_22000233.jpg
b0344119_22000523.jpg
どじょうってなんか食べる機会がなくてこの歳まで食べずでしたが
魚ですし、なんの抵抗もないのに食べられなかったのって身近にない食材だったからですよね、きっと。
売ってるの見たことないですもん。

しっかしものすごくおいしかったです!どじょう!やばかったです。。
やっぱりぬめぬめ系はおいしい(←持論)
ナマズや鯉などの沼魚系も大好きですし、これはかなりツボな味でした。
岡本かの子の作品『家霊』のある文を思い出しました。
「今夜、一夜は、あの小魚のいのちをぽちりぽちりわしの骨の髄に噛み込んで生き伸びたい」
ま、これはどじょう汁の文章ですけど。
ああ、また食べたいわー
















by atmeal02 | 2014-08-25 22:11 | 外食